来年の政府借り入れ、2割増え1兆ペソ超に

フィリピンの財務省財務局は、2019年の国債の新規発行などによる政府借り入れ総額を1兆1,880億ペソ(約2兆4,670億円)とする計画を示した。今年計画比で20.5%増となる。10日付マニラタイムズなどが伝えた。 調達元別では、国内からが8,917億ペソ、海外からが2,972億ペソ。ドゥ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

18年成長率を下方修正、財政悪化など要因(18:11)

再生エネ向け優遇の削減再考を、EDC(18:37)

ヒルトンが10月末に開業、高級需要取り込み(16:56)

テイクオフ:クオリティーはさておき…(09/25)

三菱の住宅合弁が販売拡大へ 5年で1千億円超、地方も(09/25)

イートン、マカティで複合開発(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

ADB、21年までに78億米ドルを融資(09/25)

OFW渡航者数、昨年は200万人割れ(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン