テイクオフ:ベトナムからタイへ赴任…

ベトナムからタイへ赴任したときの引越荷物は、近隣国ながら船便で2カ月かかった。荷ほどきして取り出した体重計に乗ると数年ぶりに見る数字だった。わずかな時間でもバイクに邪魔されず歩道を歩ける環境の変化は予想以上に大きかったようだ。

その貯金もサッカーのワールドカップ(W杯)が始まってからは帳消しになった感がある。会社帰りに寄るスーパーではW杯中のスナック菓子や飲料の販促、デリバリーサービスもプロモーション合戦で4年に1度と思うと観戦用に買ってしまうものだ。

大会は佳境を迎えまもなく日常に戻る。子どもなら世界的なプレーを見てサッカー教室に通いたいと言うかもしれない。自分は本格的にジム通いが必要か。大会中、当地の食品やアルコールの消費量は相当増えているはずで、スポーツや健康を含めたポストW杯商戦もあるだろうか。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

調理用ガス基金が枯渇、石油基金から補てん(13:45)

テイクオフ:タイで船に乗ると、多か…(07/17)

ヤマハ、タイ初ハイブリッド二輪車を発表(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

新物品税、バイクには1年の猶予を計画(07/17)

カーケアのポリケム、店舗増設で2桁増収へ(07/17)

【アジアインタビュー】 BNK48「夢はタイと日本を結ぶアイドル!」(07/17)

APと三菱地所、コンド2件を新規開発(07/17)

タイの不法就労者、1600人が強制送還(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン