• 印刷する

テイクオフ:ベトナムからタイへ赴任…

ベトナムからタイへ赴任したときの引越荷物は、近隣国ながら船便で2カ月かかった。荷ほどきして取り出した体重計に乗ると数年ぶりに見る数字だった。わずかな時間でもバイクに邪魔されず歩道を歩ける環境の変化は予想以上に大きかったようだ。

その貯金もサッカーのワールドカップ(W杯)が始まってからは帳消しになった感がある。会社帰りに寄るスーパーではW杯中のスナック菓子や飲料の販促、デリバリーサービスもプロモーション合戦で4年に1度と思うと観戦用に買ってしまうものだ。

大会は佳境を迎えまもなく日常に戻る。子どもなら世界的なプレーを見てサッカー教室に通いたいと言うかもしれない。自分は本格的にジム通いが必要か。大会中、当地の食品やアルコールの消費量は相当増えているはずで、スポーツや健康を含めたポストW杯商戦もあるだろうか。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコク首都庁(BMA…(09/26)

JICA理事長賞、ラオスなどが受賞(09/26)

駐車場の増設が本格化 渋滞緩和(上)供給追いつかず(09/26)

タイのセンタラ、ホテル3軒を運営へ(09/26)

乗り合いバン、使用年数10年超で運行禁止(09/26)

3空港高速鉄道、来年1月に落札者と契約(09/26)

野村不、トンローの新規コンドを11月販売(09/26)

バンスー駅の商業開発、来年初に入札実施へ(09/26)

CP傘下のVNS、工業団地開発に参入(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン