• 印刷する

テイクオフ:元秘書に性的暴行を加え…

元秘書に性的暴行を加えたとして、強制わいせつ罪などで在宅起訴された元忠清南道知事の安熙正(アン・ヒジョン)被告の初公判が今月、開かれた。元秘書がテレビ局に出演し、実名告発した事件の公判とあって、社会的に注目を浴びている。

元秘書側は安氏から昨年7月から4回にわたって性的暴行を受けたと主張。人事権を握った上司の「威力」によるわいせつ行為だったと強調している。一方、安氏側は「合意の上での関係で、暴力はなかった」との立場だ。

安氏は知事時代、女性人権活動に積極的で女性から支持は絶大だった。スキャンダルがなければ、次期大統領の最有力候補だったことに疑いはない。裁判で職業の問いに「現在無職です」と答える安氏。その言葉にどんな思いが込められていたか。どちらにせよ信頼回復には「いばらの道」が待っている。(公)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

10月ICT輸出12.3%増、半導体好調続く(11/16)

韓国現代自の越工場、年産10万台へ増加(11/16)

10月失業率3.5%、前年同月比0.3P悪化(11/16)

SKイノ、VWにEVバッテリー供給(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

Eマート、駐車場でEV充電やカーシェア(11/16)

ソウル市がEVバスをテスト走行、3路線で(11/16)

起亜自、新型ソウルのティザーイメージ公開(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン