移民ムスリムへの嫌悪、グルガオンで過熱

インドの首都ニューデリー郊外のグルガオンで、イスラム教徒(ムスリム)の移民に対するヒンズー教徒の嫌悪が過熱しているようだ。礼拝を邪魔する行為が見られるほか、敵対を表明する僧侶が出てきた。ヒンドゥスタン・タイムズ(電子版)が9日伝えた。 住民によると、グルガオン…

関連国・地域: ミャンマーインド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

テイクオフ:企業や民家をアポ無しで…(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

モディ首相の実績を評価 WEF元幹部、「再選が濃厚」(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

印企業の景況感、6月調査は前回から横ばい(07/18)

物流アダニが日本郵船と合弁、車の鉄道輸送(07/18)

【アジア自動車データ集】二輪販売(325)(07/18)

香港物流大手がインドに進出、3都市に倉庫(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン