移民ムスリムへの嫌悪、グルガオンで過熱

インドの首都ニューデリー郊外のグルガオンで、イスラム教徒(ムスリム)の移民に対するヒンズー教徒の嫌悪が過熱しているようだ。礼拝を邪魔する行為が見られるほか、敵対を表明する僧侶が出てきた。ヒンドゥスタン・タイムズ(電子版)が9日伝えた。 住民によると、グルガオン…

関連国・地域: ミャンマーインド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:商品棚を見回して目当て…(03/19)

電動二輪、22年に50万台市場 大手参入で拡大路線に=専門家(03/19)

ルノー、3年後に販売台数を2倍に拡大(03/19)

イラン産鉄鋼の禁輸、業界が政府に要望(03/19)

SPML、88億ルピーの水道・灌漑事業受注(03/19)

L&T、ITマインドツリーに敵対的買収(03/19)

DLF、グルガオンの商業開発に75億ルピー(03/19)

HDFC、首都と西部で80億円の宅地開発(03/19)

不動産ブリゲード、共用オフィス事業に参入(03/19)

建材NCL、南部工場でドアの生産開始(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン