• 印刷する

小米が香港に上場、調達額は370億ドル

中国スマートフォン大手の小米集団(シャオミ)は9日、香港取引所(HKEX)に上場した。調達額は約370億HKドル(約5,200億円)。HKEXが新たに導入した議決権種類株式(別名デュアル・クラス・ストック)を活用して上場した初の企業となった。

公開価格は17HKドルに設定。取引初日の終値は16.8HKドルで、公開価格から1.2%下落した。調達額は当初約780億HKドルを超えるとみられていたが、およそ半分にとどまった。

この日午前にHKEXで式典があり、小米の雷軍・董事長兼最高経営責任者(CEO)は「市場の状況は芳しくないが、良い企業は打開できると信じている」と述べた。

小米によると、調達した資金のうち、約30%をスマホやスマートテレビ、ノートパソコンといった中核製品の研究開発(R&D)に充てる。モノのインターネット(IoT)と生活関連製品、人工知能(AI)などの分野に約30%、世界での事業拡大に約30%をそれぞれ投じ、残りの約10%は運転資金などに用いる。

小米は2010年の設立。香港を拠点に市場調査を行うカウンターポイントによると、今年第1四半期(1~3月)の世界スマホ出荷台数で、小米は前年同期比2倍の2,700万台に上り、4位に入った。

小米が香港取引所に上場し、雷軍・董事長兼CEO(左から3人目)がセレモニーに出席した=9日、HKEX(NNA撮影)

小米が香港取引所に上場し、雷軍・董事長兼CEO(左から3人目)がセレモニーに出席した=9日、HKEX(NNA撮影)


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

10月のコンテナ取扱量、9カ月連続マイナス(14:58)

高速鉄道を広州市街に延伸へ 市が計画案、利便性向上(11/16)

豪カンタスの超長距離直行便、香港の脅威に(11/16)

香港の「中国化」に懸念、米諮問機関(11/16)

マカオ政府が施政報告、現金支給を増額(11/16)

微信支付HKの決済急増、今年10倍に(11/16)

HKT、ウエスタンユニオンと送金で提携(11/16)

反発、好決算の騰訊が押し上げ=香港株式(11/16)

上海企業、香港で仮想通貨クオンツファンド(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン