レムチャバン港の入札、当局と民間に隔たり

タイ港湾公団(PAT)は、東部チョンブリ県のレムチャバン港の第3期拡張事業について、入札に掛ける運営権益の詳細で民間の要望と隔たりがあると明らかにした。政府は早ければ来月、遅くとも今年中の入札実施を目指している。7日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。 PA…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

調理用ガス基金が枯渇、石油基金から補てん(13:45)

テイクオフ:タイで船に乗ると、多か…(07/17)

ヤマハ、タイ初ハイブリッド二輪車を発表(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

新物品税、バイクには1年の猶予を計画(07/17)

カーケアのポリケム、店舗増設で2桁増収へ(07/17)

【アジアインタビュー】 BNK48「夢はタイと日本を結ぶアイドル!」(07/17)

APと三菱地所、コンド2件を新規開発(07/17)

タイの不法就労者、1600人が強制送還(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン