テイクオフ:一年ぶりに訪れた日本で…

一年ぶりに訪れた日本では、タイ北部チェンライ県の洞窟内で発見された少年ら13人の話題で持ちきりになっていた。日本以外の海外メディアでも連日報道されるなど、事件は世界的な関心を集めている。

そんな状況を受けてか、先週のタイ現地紙にはこんな見出しが躍った。「事件の洞窟が次の観光名所に」。世界的に報道された洞窟には今後各国から観光客が詰めかけることが予想され、タイ国政府観光庁(TAT)が同県の観光促進に向けて早くも計画を練り始めた――という内容だ。

記事を読み終えて残ったのは違和感。少年ら13人はまだ救出活動のまっただ中。それも洞窟からの脱出では長距離を潜水しなければならず、大きな危険が伴うという。そんな時に観光促進の計画を練るべきなのか。今は13人が無事に生還できるように計らうこと。それだけに集中して頂きたい。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アマタが東部で土地取得、工業団地開発へ(07/20)

【スタートアップの挑戦】空港から荷物を当日宅配 手ぶら観光促進、日系と提携も(07/20)

トヨタが優遇車の生産開始 新ヴィオス、月3500台販売へ(07/20)

1~6月の二輪販売、1.6%減=陸運局(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

輸送機器パナット、EVトラックの生産検討(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

大型治水プロジェクト9件、来年中に実施(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

ネストプロパティー、ホテル開発に参入(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン