朝令暮改の燃油価格政策に専門家が警鐘

インドネシア政府の一貫性のない燃油価格政策に批判が高まっている。専門家は、政治的意図で政策の変更を繰り返せば、現政権に対して国民や企業はマイナスのイメージを抱くことになると警鐘を鳴らしている。6日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 エネルギー・鉱物資源省は4月、全…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学天然資源小売り・卸売り政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都にごみリサイクル施設 大崎町、州政府と協力し事業化へ(09/21)

来年6月までコメ輸入停止を、食糧調達公社(09/21)

ハラル製品の生産体制強化、工程表策定で(09/21)

公共交通の運賃統合、ジャカルタ政府が検討(09/21)

首都空港鉄道、利用者数が伸び悩み(09/21)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

バイオ燃料B20の使用義務化、供給面に課題(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

証取所が上場規定変更へ、手続き緩和など(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン