朝令暮改の燃油価格政策に専門家が警鐘

インドネシア政府の一貫性のない燃油価格政策に批判が高まっている。専門家は、政治的意図で政策の変更を繰り返せば、現政権に対して国民や企業はマイナスのイメージを抱くことになると警鐘を鳴らしている。6日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 エネルギー・鉱物資源省は4月、全…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学天然資源小売り・卸売り政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:MRTなどの開業でジャ…(03/20)

電子マネー決済額47兆ルピア 前年比4倍、銀行が事業拡大へ(03/20)

1~2月二輪車販売台数、19%増の110万台(03/20)

ホンダ、2月もブリオシリーズが5割以上(03/20)

【アジア自動車データ集】二輪販売(359)(03/20)

潤滑油ラボが開所、国内基準の取得義務化で(03/20)

EUのパーム油規制、WTOに提訴へ(03/20)

二輪配車アプリの規定制定、運賃盛り込まず(03/20)

ERPの早期導入を、ナンバー規制効果薄(03/20)

ロッテ、インドネシア石化工場の整地で契約(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン