朝令暮改の燃油価格政策に専門家が警鐘

インドネシア政府の一貫性のない燃油価格政策に批判が高まっている。専門家は、政治的意図で政策の変更を繰り返せば、現政権に対して国民や企業はマイナスのイメージを抱くことになると警鐘を鳴らしている。6日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 エネルギー・鉱物資源省は4月、全…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 化学・石化天然資源商業・サービス政治


その他記事

すべての文頭を開く

国内線の航空管制料、19年まで段階的値上げ(21:00)

ダナモン系金融、中古二輪の通販サイト開設(21:00)

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(21:35)

アジア大会のインフラ工事、今月末に完了(21:00)

テイクオフ:東南アジアでタクシー小…(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

1~6月の新車輸出は3%減 ガイキンド、越規制じわり影響(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大和ハウス、海外最大の都市開発事業が始動(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン