• 印刷する

EC返品サービスの利便性向上、6割が重視

6割近い香港人消費者が電子商取引(EC)業者に便利な返品サービスの提供を求めていることが、ドイツのソフトウエア大手SAPがまとめた消費者習慣に関する調査報告で明らかになった。香港経済日報が伝えた。

調査結果によると、インターネット通販を利用する香港市民のうち、58%はEC業者に対し、「さらに便利な返品サービスの提供」を希望している。50%は「サイト上での価格、商品クオリティーの比較機能」、44%は「試着サービス」をそれぞれ求めた。

51%は「よく・時々」、ネット通販サイトで買い物かごに商品を入れた後に注文をキャンセルすると答えた。アジア太平洋の平均値(52%)とほぼ同水準で、北米(46%)や欧州(43%)よりも割合が高かった。キャンセルする理由は、42%が「送料の不安」と回答。「キャンペーン・割引がない」、「価格比較ツールとして使っただけ」はともに39%に達した。

SAPの幹部は、「ネット通販業者は、さまざまな顧客の生活スタイルと受給に合わせ、個人化したサポートとサービスを提供すべき」との見方を示した。

調査は世界の2万人を対象に行い、香港は1,000人だった。


関連国・地域: 香港
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

フードトラック売上、ディズニーが全体5割(00:29)

サービス業で高い採用意欲 本土客増で、不動産は慎重(12/14)

商務省、中国の越境EC会社と提携(12/14)

外資系の香港拠点、日本が首位陥落(12/14)

香港、住宅政策が市場リスク抑制=IMF(12/14)

マカオと本土、CEPA貨物貿易協定を締結(12/14)

大湾区関連の新基金発足、企業と若者支援(12/14)

ETF通と香港株実名制を来年実現、SFC(12/14)

3日続伸、市場ムードが好転=香港株式(12/14)

日本信義、新ブランド「SJホーム」立ち上げへ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン