台中の上半期PM2.5濃度、過去8年で最低

台中市政府環境保護局(環保局)がまとめた大気汚染の観測データによると、今年上半期(1~6月)の台中市における微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は前年同期比1.4マイクログラム低い20.9マイクログラムだった。平均濃度71マイクログラム以…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、2Qは7%増収へ 通年も微増予想、先端プロセス貢献(04/19)

鴻海の米工場、州知事が優遇策見直し表明(04/19)

中華電信のトップ交代、後任に謝継茂総経理(04/19)

シャープ再建に波乱も、カリスマ転身で影響必至(04/19)

デルタ、25億元で中レキに工場用地購入(04/19)

光学膜の嘉威、家具関連2社の完全買収を決定(04/19)

台湾マツダ、修理済み車両不具合で再リコール(04/19)

アパレル受託各社、東南アで生産増強(04/19)

タイヤバルブの六暉、中国アモイ工場拡張(04/19)

露天拍売、米イーベイの商品1300万以上販売(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン