台中の上半期PM2.5濃度、過去8年で最低

台中市政府環境保護局(環保局)がまとめた大気汚染の観測データによると、今年上半期(1~6月)の台中市における微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は前年同期比1.4マイクログラム低い20.9マイクログラムだった。平均濃度71マイクログラム以…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、3Qは9%増収 新経営陣初の説明会、通年下方修正(07/20)

HTC、インド地区幹部が相次ぎ退職か(07/20)

関貿網路、星企業と貿易ブロックチェーンで提携(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

光宝科技、アップルの新充電器向け受注獲得か(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

光学デバイス6社が生産拡張、3年で2倍も(07/20)

電動二輪車新規登録台数、上半期は3万台(07/20)

ステンレスの運ショウ、寧波の新工場Q4稼働(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン