• 印刷する

5月の平均インフレ率は4.29%、統計局

ミャンマー統計局によると、5月の平均インフレ率は4.29%で、4月末の4.12%からやや上昇した。イレブン電子版が1日伝えた。

地域別では、北中部マンダレー管区が最も高い8.51%。西部ラカイン州8.41%、中部エヤワディ管区5.25%と続いた。

前年同月比で上昇率が最も大きかったのはマンダレー管区で11.38%。首都ネピドーが最も小さく2.5%だった。

政府は、「国家包括開発計画(NCDP)」の第2期5カ年計画の下、財政、金融、外貨管理などの政策を通じてインフレ抑制を図る方針。NCDPは2010~30年度の20カ年計画。第2期は16年度(16年4月~17年3月)~20年度になっている。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、ミャンマーと環境分野の協力強化(13:53)

地震から2年、復興は着々 世界遺産目指し変わるバガン(上)(08/22)

難民帰還の最優先を強調=スー・チー氏講演(08/22)

ラカイン、諮問委勧告受けた初のキャンプ閉鎖(08/22)

通貨チャットやや回復、再輸出の一時停止で(08/22)

日、韓、タイの小売事業者が市場参入に意欲(08/22)

財閥系FMI、特別配当実施で取引一時停止(08/22)

2大都市線の鉄道車両、監視カメラを設置(08/22)

ヨマ、マラリア防止キャンペーンに参画(08/22)

【予定】22日 チームスピリットが東証マザーズ上場ほか(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン