越人の長期収容、大阪弁護士会が仮放免勧告

【共同】大阪弁護士会は28日までに、入管施設に2年半以上収容されているベトナム国籍の男性(31)について、人権侵害の恐れがあるとして仮放免の許可を求め、現在の収容先に当たる大村入国管理センター(長崎県大村市)に勧告した。12日付。 同会は28日、記者会見を開き「長期…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:福岡市で開かれた地元企…(10/19)

次代を担う「Z世代」に注目 影響力は大きく、購買決定の70%(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

エプソン、BtoB商品を一斉投入(10/19)

HCM市都市鉄道1号線、20年完成は困難(10/19)

韓越が覚書、港湾開発・運営など協力を強化(10/19)

産業ボイラー三浦、シンガ現法が駐在所(10/19)

ハノイ、停滞の都市区案件4件を取り消しへ(10/19)

韓国企業、ブンタウにゴルフリゾート開発へ(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン