年内合意逃せば交渉漂流も、みずほ総研

【ニューデリー共同】みずほ総合研究所の菅原淳一主席研究員の話 11カ国による環太平洋連携協定(TPP)の署名や米国の保護主義的な動きは、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉を後押しする材料となっている。妥結への機運が高まる中、年内に一定の合意に至らなければ…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

国営企業の統括組織が発足 民営化進展には懐疑論も(10/18)

PE発泡体の三和化工、開業式(10/18)

韓国現代ウィア、工作機械の越事務所を開設(10/18)

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(10/18)

EU、越との木材協定は合法貿易促進(10/18)

化学品物流の日陸、現法設立(10/18)

ハイフォン市にインランドデポ開設へ(10/18)

住宅価格は実質価値を反映せず=建設省(10/18)

カントー市でごみ処理発電がスタート(10/18)

アマノ、HCM市に駐在員事務所(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン