• 印刷する

テイクオフ:サッカーW杯で、日本は…

サッカーW杯で、日本は決勝トーナメント進出を決めた一方、韓国はグループリーグ敗退となった。韓国が日本よりも先に敗退したのは初めて。「アジアサッカーの盟主」を自負する韓国にとって、そのショックは決して小さくないように思われた。

ところが実情はそうではないようだ。その理由の1つが、前回王者のドイツを破ったという「誇り」。予想外の結果に、それまで選手たちを叩いていた韓国サポーターは歴史的勝利に酔いしれた。

もう1つは、日本がポーランド戦で見せた「時間稼ぎ」だ。「感動的な韓国の敗退と惨めに勝ち上がった日本」と、韓国メディアはこぞって批判した。友人も「負けたけど悔しくない」と、韓国の有終の美を誇らしげに語る。

日本の戦略には当方も批判的だ。それ以上の戦いを見せて、8強に上がり、韓国サポーターを見返してほしい。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

韓国の競争力、世界で15位=WEF(15:55)

サムスン、カナダに7カ所目のAIセンター(15:55)

現代自、仏2社と燃料電池車などで協力(17:02)

化粧品ODM韓国コルマー、中国に第2工場(16:39)

テイクオフ:17年も待ちました——…(10/17)

東レがフィルター合弁設立 空気清浄機用、アジア需要に対応(10/17)

韓進会長が在宅起訴、裁判では実刑判決も(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

18年連続で満足度1位、韓国富士ゼロックス(10/17)

製造業、10~12月期の景況見通しが悪化(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン