• 印刷する

テイクオフ:サッカーW杯で、日本は…

サッカーW杯で、日本は決勝トーナメント進出を決めた一方、韓国はグループリーグ敗退となった。韓国が日本よりも先に敗退したのは初めて。「アジアサッカーの盟主」を自負する韓国にとって、そのショックは決して小さくないように思われた。

ところが実情はそうではないようだ。その理由の1つが、前回王者のドイツを破ったという「誇り」。予想外の結果に、それまで選手たちを叩いていた韓国サポーターは歴史的勝利に酔いしれた。

もう1つは、日本がポーランド戦で見せた「時間稼ぎ」だ。「感動的な韓国の敗退と惨めに勝ち上がった日本」と、韓国メディアはこぞって批判した。友人も「負けたけど悔しくない」と、韓国の有終の美を誇らしげに語る。

日本の戦略には当方も批判的だ。それ以上の戦いを見せて、8強に上がり、韓国サポーターを見返してほしい。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

19年成長率2.5%に減速へ 韓国銀行見通し、輸出と投資不振(04/19)

韓国銀行、政策金利1.75%で据え置き(04/19)

スマホ決済市場が拡大、今年100兆W超予想(04/19)

中小企業向け株式市場、今年の上場まだ1社(04/19)

消費が減少傾向鮮明に、所得増も=新韓銀行(04/19)

韓国の電子部品メーカー、越で機械設備取得(04/19)

起亜自がEVコンセプトカー、NYショーで(04/19)

現代自、ジェネシスにV2X機能を搭載(04/19)

リコー、韓国のX線検査装置企業と合弁(04/19)

LG電子、レストラン向けにロボット開発へ(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン