化粧品ムスティカ、売上高76%増目指す

インドネシアの化粧品製造販売大手ムスティカ・ラトゥは2018年の目標売上高を前年比約76%増の6,060億ルピア(約46億6,300万円)に設定した。昨年は損失が12億8,000万ルピアの赤字だったが、今年は黒字転換を目指す。消費の低迷と競合他社との激しい競争でここ数年は業績が振るわな…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

若手投資家が増加、30歳以下が全体の34%に(16:54)

潤滑油の国内基準規定、司法審査申し立ても(15:06)

テイクオフ:週末のジャカルタでは、…(11/19)

政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

アジアクエスト、三菱系ITセンターを支援(11/19)

エフコード、BCAにウェブ接客ツール導入(11/19)

19年の州最低賃金、33州で決定(11/19)

9月の対外債務、前年同月比4.2%増に減速(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン