化粧品ムスティカ、売上高76%増目指す

インドネシアの化粧品製造販売大手ムスティカ・ラトゥは2018年の目標売上高を前年比約76%増の6,060億ルピア(約46億6,300万円)に設定した。昨年は損失が12億8,000万ルピアの赤字だったが、今年は黒字転換を目指す。消費の低迷と競合他社との激しい競争でここ数年は業績が振るわな…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

国営石油、新たに海上プラットフォーム開発(18:25)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(17:55)

ジャカルタ市、エコ買い物袋普及に予算計上(14:23)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:公共交通機関が整備され…(09/20)

【この人に聞く】成長と安定から中進国入りへ JICA、援助戦略をさらに発展(09/20)

8月の新車販売は5%増、ガイキンド統計(09/20)

8月の完成車輸出台数は54%増の2.4万台(09/20)

ルミネ、12月に1号店をジャカルタに開業(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン