化粧品ムスティカ、売上高76%増目指す

インドネシアの化粧品製造販売大手ムスティカ・ラトゥは2018年の目標売上高を前年比約76%増の6,060億ルピア(約46億6,300万円)に設定した。昨年は損失が12億8,000万ルピアの赤字だったが、今年は黒字転換を目指す。消費の低迷と競合他社との激しい競争でここ数年は業績が振るわな…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:道の真ん中や商業施設の…(03/26)

【この人に聞く】YKKAP、品質と価格両立 新社長、ジャワ島外に販路拡大へ(03/26)

首都州議会、MRTとLRTの運賃決定(03/26)

配車アプリ二輪タクシー、運賃が決定(03/26)

MRT駅にアルファマートやローソン開店へ(03/26)

バンドン高速鉄道、土地買収94%完了(03/26)

A&D、首都の駐在員事務所を閉鎖(03/26)

「マールボロ」などを日本に初輸出(03/26)

ブキット・アサム、今年は高品位炭を増産(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン