WTO加盟後の改革深化強調、米けん制も

中国の王受文商務次官は28日に開いた中国と世界貿易機関(WTO)の関係についての白書発表会見で、中国の市場経済体制改革が2001年のWTO加盟以後、着実に深化し、市場の健全化とビジネス環境の改善が切れ目なく進んできたことを強調した。特にWTO加盟後、対中輸出の増加な…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

香港航空の内紛が加速 新取締役と海航集団の対立構造(04/23)

テイクオフ:今年の上海モーターショ…(04/23)

石炭発電の設備過剰が改善 新設規制を緩和、禁止は10地区に(04/23)

EEC、鄭州の空港経済特区と戦略提携へ(04/23)

日中間でETF相互上場へ、金融協力(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

ECと貿易で知財保護強化、政府6部門(04/23)

勤美集団董事長、「22年に中国5大鋳造業へ」(04/23)

海外留学経験者、3割が就職ミスマッチ(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン