WTO加盟後の改革深化強調、米けん制も

中国の王受文商務次官は28日に開いた中国と世界貿易機関(WTO)の関係についての白書発表会見で、中国の市場経済体制改革が2001年のWTO加盟以後、着実に深化し、市場の健全化とビジネス環境の改善が切れ目なく進んできたことを強調した。特にWTO加盟後、対中輸出の増加な…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、「日台半導体メーカーに商機」(21:57)

聯華電子が生産能力拡張、274億元投資(18:36)

サムスン電子、中国天津でのスマホ生産停止(14:52)

新世界と騰訊、本土のモバイル決済で提携(20:11)

中国のオンライン英会話、比人教師10万人へ(18:03)

VCに税制優遇、起業やイノベーション支援(19:49)

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

テイクオフ:会社からの帰り道。広州…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

EVの充電環境さらに改善へ 政府4部門、3年で「6大任務」(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン