WTO加盟後の改革深化強調、米けん制も

中国の王受文商務次官は28日に開いた中国と世界貿易機関(WTO)の関係についての白書発表会見で、中国の市場経済体制改革が2001年のWTO加盟以後、着実に深化し、市場の健全化とビジネス環境の改善が切れ目なく進んできたことを強調した。特にWTO加盟後、対中輸出の増加な…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

22年までに中国支援の18事業着工、NEDA(14:53)

飛思達、香港にR&Dセンター開設検討(18:58)

商務省「影響を注視」、米国防権限法成立で(19:09)

商銀の不良債権比率、6月末は1.86%(19:09)

テイクオフ:杭州湾をまたぐ世界3位…(08/14)

西江の水を大湾区に 送水管113キロ整備、香港供給も(08/14)

米国産大豆へ追加関税で懸念 高い依存度、輸入元分散で対処(08/14)

「本土からの生産移転は必至」、専門家警鐘(08/14)

ラビダが9カ月連続首位、7月のセダン販売(08/14)

中国人民元下落でコメ輸出による貿易収入減(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン