米国産車も値上がりと反対、トヨタが試算

【ニューヨーク共同】トヨタ自動車は27日、トランプ米政権が安全保障を理由に自動車や部品に25%の追加関税を課した場合、輸入せず米国で生産している主力セダン「カムリ」でも1台1,800ドル(約20万円)の値上がりにつながるとの試算を発表した。輸入する部品への課税が響くためで…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

【書籍ランキング】11月1日~11月7日(11/19)

テイクオフ:北京―上海高速鉄道には…(11/19)

ATP「切」でも自動で減速 19年末に導入、台鉄が事故防止策(11/19)

千葉・三重知事が県産品をPR 農産物出荷拡大、かき輸出目指す(11/19)

ヤンゴン空港、500万人目は全日空機で到着(11/19)

【予定】19日 10月貿易統計ほか(11/19)

エコカーで攻める日系 広州MS、世界初公開車も(11/19)

APECで初、首脳宣言なし 米中対立による調整難航で(11/19)

西鉄がクラークに営業拠点、国内3カ所目(11/19)

【人事】扶桑電通社長に有冨英治氏ほか(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン