米国産車も値上がりと反対、トヨタが試算

【ニューヨーク共同】トヨタ自動車は27日、トランプ米政権が安全保障を理由に自動車や部品に25%の追加関税を課した場合、輸入せず米国で生産している主力セダン「カムリ」でも1台1,800ドル(約20万円)の値上がりにつながるとの試算を発表した。輸入する部品への課税が響くためで…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

日本の石炭火電離れ、豪石炭需要に影響か(17:34)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

日越大学とANA、包括連携協定を締結(09/24)

ニコン、バンコクに体験型ショールーム開設(09/24)

三井製糖、砂糖販売SISを子会社化(09/24)

大阪王将、群馬工場で比人実習生10人受入れ(09/24)

自動車税、軽並み軽減を=自工会(09/24)

ソニー生命とスターツ証券、保険代理店を開業(09/24)

比産かきん肉の輸入停止、日本が解除(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン