M&A、消費サービスが4割 1Q低調も経済回復で国内回帰か

タイ企業に関連した2018年第1四半期(1~3月)の合弁・買収(M&A)は、22億米ドル(約2,420億円)となり、前年同期からおよそ半減した。大型案件があった前年同期からの反動が大きかった。その中で一般消費財・サービス分野が全体の4割を占めた。経済の回復に伴い国内でのM…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイのイチタン、ダゴンとエナジー飲料発売(13:38)

テイクオフ:果たして観光立国は正し…(06/19)

首都オフィス賃料、上昇加速 22年まで中心部の最上級物件が増(06/19)

住宅アセット、ローン規制で引き渡し20%減(06/19)

プーケットのコンド供給、過去7年で最高(06/19)

鹿島の複合開発、タイ系ホテル2軒が入居へ(06/19)

今年のバイク市場は2%減予測=カシコン銀(06/19)

タイとのQRコード決済、3行が主導(06/19)

SCGロジ、中国・越など海外事業強化(06/19)

スー・チー氏、ASEAN首脳会議に出席へ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン