霧島酒造が20年ぶり減収、若者の酒離れなど

【共同】大手焼酎メーカーの霧島酒造(宮崎県都城市)は26日までに、2018年3月期決算(単体)の売上高が前期比3.4%減の659億円で、20年ぶりの減収だったと明らかにした。主力の芋焼酎「黒霧島」が好調で業績が拡大してきたが、若者のアルコール離れが進むほか、競合商品の台頭が…

関連国・地域: 日本
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

日越大学とANA、包括連携協定を締結(09/24)

ニコン、バンコクに体験型ショールーム開設(09/24)

三井製糖、砂糖販売SISを子会社化(09/24)

大阪王将、群馬工場で比人実習生10人受入れ(09/24)

自動車税、軽並み軽減を=自工会(09/24)

ソニー生命とスターツ証券、保険代理店を開業(09/24)

比産かきん肉の輸入停止、日本が解除(09/24)

ホンダ、運転席エアバッグ交換率が90%に(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン