アリババ、杭州に新たな研究機関

浙江省杭州市を本拠とする中国電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)は26日、新たな研究機関「羅漢堂」を杭州市内に設立した。社会学や経済学、心理学などの分野の専門家を集め、科学技術イノベーションに伴い変化する社会や経済が抱える課題の研究に取り組…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 経済一般・統計IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

GDP当たりエネ消費、17年は3.7%減(07/20)

テイクオフ:ちょっとした旅をしよう…(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

電力取引の自由化を加速へ 石炭など4業種、全面開放(07/20)

宝飾の六福、4~6月は既存店22%増収(07/20)

商務省が正当性主張、米鉄鋼関税への報復(07/20)

海外旅行者支出、6%超増 中国人が全体けん引(07/20)

中国との租税条約、投資拡大を期待(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

中国、協議停滞で反論=米高官の習氏批判に(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン