17年の漁獲量383万トン、過去2番目の豊漁

インド国営の中央海洋漁業研究所(CMFRI)は26日、2017年の国内の漁獲量が前年比5.6%増の383万トンだったと明らかにした。12年に次ぐ過去2番目に高い水準で、西海岸を中心にイワシ漁が回復したことや生態系保護の取り組みが貢献した。ビジネス・ライン(電子版)などが伝え…

関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

2Qの鉄鋼、4社が増収増益 ミタル参入に備え各社は技術強化(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

マヒンドラのEV部門、南部で工場を開所(11/16)

M&M系二輪、JAWAブランドで新モデル(11/16)

アショク、初のEVを来年1月に出荷へ(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

ムーディーズ、タタ自の格付見通し引き下げ(11/16)

空気清浄機市場、今年25億ルピー規模に(11/16)

米電線ベルデン、工場拡張に11億ルピー投資(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン