• 印刷する

アシアナ航空、CJ大韓通運株を全量売却

韓国のアシアナ航空は26日、保有するCJ大韓通運株の40万株を638億2,600万ウォン(約62億7,500万円)で売却したと発表した。売却で得た資金は、借入金の償還に充てる。

アシアナ航空は昨年末時点でCJ大韓通運株を113万8,427株保有していたが、今年3月に73万8,427株を売却しており、今回で同社株の全量を売却したことになる。

アシアナ航空はこれまで、財務構造の改善のために錦湖ターミナル株や大宇建設株のほか、光化門社屋も売却してきた。

今年は計2兆ウォンの借入金償還が控えており、その資金を確保するために子会社の格安航空会社(LCC)エアプサンとシステム開発会社アシアナIDTのIPO(企業公開)を準備しているとされる。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 金融運輸

その他記事

すべての文頭を開く

韓国、ラオスへのインフラ支援拡大へ(11/19)

テイクオフ:テイクアウトのコーヒー…(11/19)

3Dで服のサンプルを製作 東大門、ファッション業界に変化(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

10月輸出額22.7%増、操業日数増加で(11/19)

上場企業7~9月営業益、半導体以外は低調(11/19)

現代自の罰金支払い、最高裁が差し止め(11/19)

大手30社の人件費、昨年比8.5%増加(11/19)

韓進の中核企業の第2位株主、現地ファンド(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン