大気汚染防止強化、老巧バイク対象に新基準

台湾の行政院環境保護署(環保署)は26日、大気汚染の防止強化に向け使用年数が16年以上の二輪車やディーゼル車の排気ガスの新基準を発表した。同署は、基準の強化で買い替えの促進につながると予想する。経済日報が伝えた。 大気汚染の防止に関する規定を盛り込んだ「空気汚染防…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ガイドブックでよく紹介…(07/17)

【アジアで会う】接接さん 作家 第211回 ブログ発のエッセー漫画が大人気に(台湾)(07/17)

鴻海、インド最大のコンテナ港に新工場建設か(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

ゲームの欧買カイ、仮想通貨業務に参入(07/17)

2Q世界PC出荷量、エイサーが5位(07/17)

液晶パネル輸出額、3期連続のマイナス成長(07/17)

EVサンダーパワー、ベルギーにEV工場(07/17)

自動車部品の東陽、6月税引き前利益4割減(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン