今月の営業日11日、製造業は長期休暇に不満

インドネシアでは今月、イスラム教断食明け大祭(レバラン)休暇や統一地方選挙の投票日が公休日になるなど、実質的な営業日はわずか11日だった。製造業界からは長すぎる休日に不満の声が上がっている。27日付コンパスが伝えた。

インドネシア家具・手工芸産業組合(HIMKI)のアブドゥル・ソブール事務局長は「われわれの競争力や生産性は他国に比べてまだ低い。長すぎる休暇はもう望まない」と述べた。

インドネシア・オレフィン・プラスチック産業協会(INAplas)のファジャル事務局長は「企業にとっては休日出勤手当てが大きな負担になる」と語った。

インドネシア労働研究所のアンディ秘書役は、長期休暇でインドネシアの労働生産性の世界ランクが下がる可能性があると指摘。アジア生産性機構(APO)の2017年労働生産性ランキングでは、インドネシアは加盟20カ国中11位だった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 製造一般雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:東南アジアでタクシー小…(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

1~6月の新車輸出は3%減 ガイキンド、越規制じわり影響(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大和ハウス、海外最大の都市開発事業が始動(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

アジア大会期間中、高速道路19区間を閉鎖(07/23)

ガルーダ航空、ロンドン直行便の廃止を検討(07/23)

辺境地への航空輸送事業、来年度予算増額へ(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン