ビンセント・タン氏、T7への出資引き揚げ

マレーシアの有力実業家、ビンセント・タン氏は26日、海洋エンジニアリング業者で東海岸鉄道(ECRL)建設事業にも参入しているT7グローバルに対する持ち株5.29%を売却することを明らかにした。ECRL事業をめぐり、マハティール新政権との癒着説が指摘されたことが背景に…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:四季のない常夏の当地だ…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

手頃な住宅価格、州別設定を 5区分で最高50万リンギ=REHDA(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

コクヨ、デザインコンペのPRイベント開催(07/16)

RM=27.8円、$=4.05RM(13日)(07/16)

政府、独立系発電事業者との4件の契約破棄(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

ビンタイキンデン、テナガから電気工事受注(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン