• 印刷する

テイクオフ:韓国で個人放送メディア…

韓国で個人放送メディアがはやりだ。コンテンツ制作に特別な資格は必要なく、ユーチューブやアフリカTVといった動画配信サービスから誰でも配信できる。

コンテンツの種類もトークショーからビューティー、旅行、語学などさまざま。視聴者は気に入ったクリエイターに支援金を送ることもできる。広告や企業から入るスポンサーを得ることで収入を得ることができるため、人気クリエイターになると年収は億円単位になるといわれる。

そのため、クリエイター数はどんどん増えている。その一方で、視聴者を獲得しようとするあまり競争が度を越え、それによる弊害も生まれている。放送がうまく行かないことに憤り、放送中に自宅の窓から人が飛び降りた事件もあった。

質の高いコンテンツは視聴者を楽しませてくれるが、クリエーターの成熟度も高めなければならない。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南部の車工場で複数スト、大手労組が支援(09/26)

マカオの8月旅行者、単月過去最多に(09/26)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(335)(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

【訃報】前野重喜氏(元カシオ計算機専務)(09/26)

韓国ファンド、ダットサイン株5%取得(09/26)

政府、ダム建設5事業を韓国借款で(09/26)

韓国系縫製ハイビナ、ハティン省に工場(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン