首都高速、アジア大会で貨物輸送車を制限へ

インドネシア運輸省所管のジャカルタ首都圏交通機構(BPTJ)は、8月18日~9月2日に開催される第18回アジア大会の期間中、ジャカルタ市内の高速道路で実施されている貨物輸送車両の通行規制を拡大することを提案した。午前5時から午後10時の通行禁止区間を増やす。ただし実施には、交通に与える影響などの調査分析がさらに必要としている。

ジャカルタ市内高速道路では現在、チャワン―プルイット区間、トマン―クンバンガン区間で午前5時~午後10時の貨物輸送車の通行を禁止している。アジア大会期間中はこの規制を市内高速道路のほぼ全区間に拡大する。具体的には、プルイット―タンジュンプリオク区間、チャワン―タンジュンプリオク区間、チャワン―タマン・ミニ・インドネシア・インダ(TMII)区間、チャワン―チクニール区間で、規制時間中はジャカルタ外環状道路(JORR)に迂回(うかい)を求める。

BPJTは、車両が迂回することで燃料の消費量が大幅に増えると試算している。BPTJ広報部のブディ・ラハルジョ部長はNNAに対し、「貨物車両の通行規制を実施するためには、さらに詳細な話し合いが必要だ」と説明した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

米国、東南アジアに農産物輸出拡大目指す(07/20)

ガルーダ航空、ロンドン直行便の廃止を検討(07/20)

ユーロ4適合車向けにバイオ混合油改善を(07/20)

ハイアール、32%成長狙う ミドルハイ商品さらに強化(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

独系ボッシュ、二輪好調で今年も2桁増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

起亜、「グランドセドナ」新型モデルを発売(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

年内着工予定のチカラン内陸運河計画が頓挫(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン