【タイ政治社会の潮流】青年実業家の政界入り

第275回 来年2月頃に予定されているという総選挙(民政移管)をにらんで、タイ政界は既存の政党と新しく設立された政党が、自党の勢力を確保するために有力政治家を求めて人採り合戦を水面下で繰り広げ始めたようである。 とりわけ、現軍事政権の受け皿として設立された「タイ民…

関連国・地域: タイ
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

EEC政策などは継続=ソムキット副首相(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン