• 印刷する

シティマートがIT刷新、1千万ドル投資へ

シティマートグループが展開する高額所得者層向けスーパー「マーケットプレイス」=ヤンゴン

シティマートグループが展開する高額所得者層向けスーパー「マーケットプレイス」=ヤンゴン

ミャンマーの小売り最大手シティマート・ホールディングス(CMHL)は、米系ソフトウエア企業ヴイエムウェア(VMウェア)と提携し、デジタルインフラの構築に着手したと発表した。約1,000万米ドル(約11億円)を投じる計画。イレブン電子版が26日伝えた。

CMHLは、VMウェアの企業向けクラウド管理プラットフォーム「vクラウド・スイート」(vCloud Suite)を採用。全国の店舗をつなぐネットワークを強化するため、サーバーやデータセンターを統合し、アプリケーションの可用性と性能を向上させるなどITインフラの近代化を図る。

CMHLは、VMウェアとの提携に伴う支払い、通信費、機器の保守管理、ソフトのライセンス料などに約1,000万米ドルを投じるとしている。

CMHLのIT責任者は「これまではITインフラが古いため、在庫管理システムやサーバーが頻繁にダウンし、売り上げに影響を与えていた」と指摘。「インフラの刷新で既にシステムダウンがなくなっただけでなく、運転費用を50%削減できた。VMウェアの技術を利用すれば、在庫管理の効率性が大幅に改善される」と話した。向こう2年以内に全ての作業を集中管理型SAPシステムに移行する計画も明らかにした。

CMHLは1996年に創立し、全国180カ所以上で店舗を展開する。従業員数は8,000人以上。2013年には、傘下のシティマートグループが双日と資本業務提携契約を締結している。


関連国・地域: ミャンマー米国
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

森崎ウィンさん、販促事業で引っ張りだこ(12:07)

再生可能エネ導入促進へ法案 電化率引き上げへ開発後押し(09/26)

JICA理事長賞、ラオスなどが受賞(09/26)

スターバックス、ミャンマー出店を棚上げ(09/26)

ヨマ、キャタピラー重機を販売・レンタル(09/26)

8月末の消費者物価指数、8.18%上昇(09/26)

ミャンマー民主化の支援を、河野氏(09/26)

鉄道のヤンゴン―マンダレー線が復旧(09/26)

モバイル納税システム、18社が応札の意向(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン