日本食研、嘉義の調味料工場を20年春稼働へ

食品大手の日本食研ホールディングス(愛媛県今治市)は27日、同社にとって台湾初の生産拠点となる調味料工場を嘉義県に建設すると正式に発表した。年産能力は8,000トンを見込む。2018年12月に着工、20年2月にも完成し、同年春に稼働する見通し。 新工場は、子会社の台湾食研食…

関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 食品・飲料金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:会員向けのポイントカー…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

トレノケートが台北に拠点 クラウド活用、現地企業と戦略提携(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

大立光電、2Q純利益は前期比37%増(07/16)

FPCの毅嘉が林口工場を拡張、4Q量産へ(07/16)

アップルの中国ファンド、台湾4社も参画(07/16)

鴻海系eLux、マイクロLEDで知財権取得(07/16)

アパレル各社、生産拠点の分散促進(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン