人民元が半年ぶり安値、米中貿易摩擦が影響

【上海共同】26日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで続落し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が、前日の同時刻と比べ0.49%安の1ドル=6.5560元となった。昨年12月以来、半年ぶりの元安ドル高水準。 人民元は3月下旬から4月にかけて1ドル=6.2元台まで…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

工業企業利益、1~2月は14%減(12:03)

テイクオフ:「中国革命の父」と呼ば…(03/27)

テイクオフ:中国の省・自治区・直轄…(03/27)

【EV化に挑む】二大ニッケル産出国に明暗 製錬所誘致、隣国先行で比に焦り(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

三浦工業、ボイラー販売好調 環境政策追い風、ガス不足懸念も(03/27)

中仏首脳会談、両国の関係緊密化で一致(03/27)

京鼎精密科技、中国・南京で半導体設備工場着工(03/27)

博鰲フォーラムが開幕、李首相が28日に演説(03/27)

今年の品質検査対象、267品目を発表(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン