人民元が半年ぶり安値、米中貿易摩擦が影響

【上海共同】26日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで続落し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が、前日の同時刻と比べ0.49%安の1ドル=6.5560元となった。昨年12月以来、半年ぶりの元安ドル高水準。 人民元は3月下旬から4月にかけて1ドル=6.2元台まで…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪産大麦にAD調査、商務省が開始(12:36)

テイクオフ:北京―上海高速鉄道には…(11/19)

エコカーで攻める日系 広州MS、世界初公開車も(11/19)

緯創、インドに第3工場建設(11/19)

マンダレー線車両、中国から調達を国会提案(11/19)

来年の輸出マイナスを懸念、業界団体(11/19)

保護主義を懸念、APEC首脳会議で習主席(11/19)

中国支援の鉄道整備、コンサル契約を締結(11/19)

米政府、香港との貿易協力関係維持を明言(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン