• 印刷する

テイクオフ:深センを歩いていると、…

深センを歩いていると、この街の若者がおしゃれになってきたと感じる。商業施設などで見かける若い男女の着こなしには思わず目を奪われてしまう。

特に女性が着ている衣服は清潔感があり、都会的でスマートなデザインのものが多い。だが、それだけではない。帽子、ピアス、ショルダーバッグ、ハイヒールなど身に着けているものが、全てピタリとはまっているのだ。トータルコーディネートを意識しているのだろう。これほど洗練された着こなしの若者が大勢いる光景を数年前に見た覚えがない。ここ数年での変化は目を見張るものがある。

今年3月には日本のファストファッション大手が深センに旗艦店をオープンさせた。この街の変化を敏感に読みとったからだろうか。かつては製造業のイメージが強かった深センだが、これからは一大消費地としての魅力が増していきそうだ。(川)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 繊維小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン、スマホ市場で独走 シェア4割確保で東南アジア最大(03/19)

テイクオフ:全国人民代表大会(全人…(03/19)

ミッソンダム事業中止に向け全国組織設立へ(03/19)

本土客の混雑緩和策に着手 市民の不満低減、業界影響回避へ(03/19)

ダイムラーやBMWが値下げ 増値税率の引き下げに呼応(03/19)

半導体設備の蔚華、子会社が上海に認証センター(03/19)

麗新発展の文化施設、年末までに1期開業(03/19)

上海証取の科創板、11社以上が上場の意向(03/19)

1~2月の財政収入7%増加、支出は2桁増(03/19)

レアアース採掘量、当面は昨年の5割に抑制(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン