• 印刷する

テイクオフ:インドで最も知られた観…

インドで最も知られた観光地といえばタージマハル。白色のドームが印象的な霊廟(れいびょう)は、ムガール帝国の皇帝が亡き妻をしのんで17世紀に建造した。年間の来訪者は700万人を超える。

世界遺産にも登録されたこの土地は、日系企業の駐在員にとってやや悩ましい場所でもある。役員クラスが出張に来た際、高い確率で案内役として同伴するためだ。建造年や様式などデータを予習するのはもちろん、下見も欠かせない。赴任中に10回以上通ったベテランもいるという。

4度の訪問歴を持つ男性は「気疲れします」とこぼした後、「しかし何度訪れても見事なもんです」と表情をゆるめる。亡き妃の霊廟を舞台に、アジアのサラリーマンが気をもみ、冷や汗をかき、ときにたそれがれる。数世紀にわたって世界中から旅行者を受け入れてきた観光地の、グローバル化が生んだこれも一つの風景なのだろう。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

エアアジア、インドにIT子会社設立(09/21)

【予定】21日 8月消費者物価指数ほか(09/21)

【人事】ユーグレナ副社長に永田暁彦氏ほか(09/21)

【訃報】奥村武平氏(元三菱油化常務)ほか(09/21)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン