• 印刷する

テイクオフ:インドで最も知られた観…

インドで最も知られた観光地といえばタージマハル。白色のドームが印象的な霊廟(れいびょう)は、ムガール帝国の皇帝が亡き妻をしのんで17世紀に建造した。年間の来訪者は700万人を超える。

世界遺産にも登録されたこの土地は、日系企業の駐在員にとってやや悩ましい場所でもある。役員クラスが出張に来た際、高い確率で案内役として同伴するためだ。建造年や様式などデータを予習するのはもちろん、下見も欠かせない。赴任中に10回以上通ったベテランもいるという。

4度の訪問歴を持つ男性は「気疲れします」とこぼした後、「しかし何度訪れても見事なもんです」と表情をゆるめる。亡き妃の霊廟を舞台に、アジアのサラリーマンが気をもみ、冷や汗をかき、ときにたそれがれる。数世紀にわたって世界中から旅行者を受け入れてきた観光地の、グローバル化が生んだこれも一つの風景なのだろう。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2Qの鉄鋼、4社が増収増益 ミタル参入に備え各社は技術強化(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

マヒンドラのEV部門、南部で工場を開所(11/16)

M&M系二輪、JAWAブランドで新モデル(11/16)

アショク、初のEVを来年1月に出荷へ(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

ムーディーズ、タタ自の格付見通し引き下げ(11/16)

空気清浄機市場、今年25億ルピー規模に(11/16)

米電線ベルデン、工場拡張に11億ルピー投資(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン