中国色薄め、増す存在感

【ムンバイ、北京共同=佐藤大介、西川廉平】中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が存在感を増している。中国の掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を強調せず中国色を薄め、構想に批判的なインドでの年次総会開催を実現した。幅広い国々へ融…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ロボットが食事を提供す…(08/26)

政府が車市場の回復策を発表 登録料の引上延期、資金調達容易に(08/26)

起亜自がインド参入、SUVセルトスを発売(08/26)

二輪スズキ、ローン提供でノンバンクと提携(08/26)

ダイキアクシス、インドで排水処理合弁(08/26)

政府、海洋エネルギーを再生エネに認可(08/26)

共和薬品、UAE同業傘下に子会社売却へ(08/26)

パーム油の対印輸出、マレーシアが上回る(08/26)

バンダン銀とスタンチャート、クレカで提携(08/26)

豪が印に石炭売り込み、中国の需要低下で(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン