中国色薄め、増す存在感

【ムンバイ、北京共同=佐藤大介、西川廉平】中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が存在感を増している。中国の掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」を強調せず中国色を薄め、構想に批判的なインドでの年次総会開催を実現した。幅広い国々へ融…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド人の友人と食事に…(03/26)

パキスタンが中古車輸入規制 スリランカは増税、日本に影響も(03/26)

鴻池運輸、印南北で自動車の鉄道輸送を開始(03/26)

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(03/26)

カルナタカ州、オラの営業停止処分を解除(03/26)

フィリピン航空、デリー直行便の運航延期(03/26)

冷蔵倉庫業界、5年で2100億ルピー投資予測(03/26)

印企業出資のスリランカ製油所が着工(03/26)

エアコンなど大幅値下げ、暑期の遅れが要因(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン