• 印刷する

テイクオフ:ブルゴスのルーフトップ…

ブルゴスのルーフトップバーで、帰国予定者を囲む。出会いに別れ、高いところならばまず間違いない。箱庭のようなビル群・マカティの周りには、やや薄暗く見えるものの低層住宅が広がる。「帰りたくない」との声は何度か夜空に向かって響いた。

贈り物は、ウミウシが描かれたダイビング風のコミカルな似顔絵に、ダイビング用のつんつん指示棒など、水中の要素が実に多い。バーの巨大な水槽にはクラゲが泳いでいる。(ダイビングのために)帰ってこいとの言葉も出た。

東南アジアで活躍する人の中でも、フィリピン滞在経験者同士の結束力は著しく強い、と思う。他国に滞在していた時、フィリピンネタで置いていかれた経験は何度もある。どこかでフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を見ると話しかけて身の上話に興じる人も多いとか。別れに出会い、比コミュニティーは静かに広がる。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

物流買収が影響、海運チェルシー72%減益(11/16)

政策金利4.75%、9年ぶり水準 5会合連続の利上げ(11/16)

現代自が移動サービスで奔走 強まる危機感、車メーカー脱皮へ(11/16)

三井住友銀、メトロバンクとセミナー開催(11/16)

【アジア三面記事】マハティール首相に罵詈雑言(11/16)

石油税の来年引き上げ先送り、大統領が承認(11/16)

9月の海外送金受取、2.3%増の22.4億ドル(11/16)

東アジア経済連携、貿産相「国益に貢献」(11/16)

GTキャピタル、1~9月は減収増益(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン