共用オフィスの普及が加速 大手5社、20年に貸出面積8割増

世界で増えているコワーキングスペース(共用オフィス)が、インドでも勃興している。スタートアップやフリーランスの働く場所として人気だが、近年では大企業が利用するケースも増え、全体の5割を占める。従来の賃貸より最大15%安いことが背景にあるようだ。2018年1~3月は、…

関連国・地域: インド米国欧州
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本に一時帰国した後、…(09/25)

今年のEV販売、二輪中心に7万台超の予測(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

タタ傘下の英ジャガー、10年ぶり販売減少も(09/25)

伊ピアジオ、電動三輪車を来年投入(09/25)

車保険の最低補償、150万ルピーに引き上げ(09/25)

農機賃貸仲介サービス、TAFEが全国展開(09/25)

屋上型の太陽光設備、中国大手が参入(09/25)

太陽光事業、売電価格上限は維持見通し(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン