広州―テルアビブの直行便、8月に就航

海南省海口市に本拠を構える中国航空大手、海南航空控股は8月2日に広州とイスラエルのテルアビブを結ぶ直行便を就航する。テルアビブは同国第2の都市で、広州・深セン地区との直行便が運航されるのは初めてという。26日付信息時報などが伝えた。 機材はボーイング787を使用する…

関連国・地域: 中国-広東中東
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

双十一で高まる越境EC需要 香港が首位、販促活動の動きも(11/13)

テイクオフ:「おまえもばかみたいに…(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

フォングループ、貿易摩擦逆手に商機模索(11/13)

双十一の宅配処理は4.2億件 記録更新、物流業後押し(11/13)

中国小米、スマホ市場に参入(11/13)

米中貿易戦、サプライチェーン再編を促進(11/13)

双十一の取引額、海外輸入品では日本が首位(11/13)

VIC政府、中国一帯一路覚書の内容を公表(11/13)

受動部品の国巨、蘇州工場で大幅減産か(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン