広州―テルアビブの直行便、8月に就航

海南省海口市に本拠を構える中国航空大手、海南航空控股は8月2日に広州とイスラエルのテルアビブを結ぶ直行便を就航する。テルアビブは同国第2の都市で、広州・深セン地区との直行便が運航されるのは初めてという。26日付信息時報などが伝えた。 機材はボーイング787を使用する…

関連国・地域: 中国-広東中東
関連業種: 運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス中国鉄道、北部大型橋の基礎完成(07/17)

南部ストゥンハブの開発進む 中国が発電合弁、港は調査段階(07/17)

テイクオフ:広州の旧市街に今も残る…(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

2Qの経済成長率6.7% 0.1P鈍化、目標は上回る(07/17)

上半期の鉱工業生産6.7%増、伸び率鈍化(07/17)

米中の貿易戦争、豪経済にも「深刻な影響」(07/17)

観光局と支付宝、中国客マーケティングで提携(07/17)

微信支付、香港・マカオでの利用が7倍に(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン