広州―テルアビブの直行便、8月に就航

海南省海口市に本拠を構える中国航空大手、海南航空控股は8月2日に広州とイスラエルのテルアビブを結ぶ直行便を就航する。テルアビブは同国第2の都市で、広州・深セン地区との直行便が運航されるのは初めてという。26日付信息時報などが伝えた。 機材はボーイング787を使用する…

関連国・地域: 中国-広東中東
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

年内に成都と武漢に定期便、国営航空(11:37)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

香港政府が企業支援強化へ 貿易摩擦、投資意欲の後退懸念も(09/20)

テイクオフ:珠江のほとりに立ち、手…(09/20)

【この人に聞く】成長と安定から中進国入りへ JICA、援助戦略をさらに発展(09/20)

李首相「企業の税負担軽減」 景気対策強化、夏季ダボスで表明(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

米製品600億ドル相当に報復関税、24日から(09/20)

アパレル申洲国際、工場新設を計画(09/20)

インフラ投資のてこ入れ、発改委が方針説明(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン