広州―テルアビブの直行便、8月に就航

海南省海口市に本拠を構える中国航空大手、海南航空控股は8月2日に広州とイスラエルのテルアビブを結ぶ直行便を就航する。テルアビブは同国第2の都市で、広州・深セン地区との直行便が運航されるのは初めてという。26日付信息時報などが伝えた。 機材はボーイング787を使用する…

関連国・地域: 中国-広東中東
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夏といえばスイカ割り。…(08/26)

日産が中国でも試練の時、ライバル猛追(08/26)

米中、新たな追加関税の応酬 中国が制裁第4弾への報復発表(08/26)

中国系「ザ・ワン・モール」、12月に開業へ(08/26)

ガソリン車、禁止区域の設定も=工情省(08/26)

首都北部の高層集合住宅、上棟式を実施(08/26)

1~7月の電力消費、4.6%増の4兆kWh(08/26)

通信大手3社の中間決算、いずれも減収(08/26)

DRAMモジュールの18年売上、威剛は4位(08/26)

武装勢力が爆破の橋、完全復旧までに1カ月(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン