会社員の2割強「抑うつ」、若年層に多く

香港で働く会社員の25%が抑うつや精神不安などの精神疾患を患っていることが香港中文大などの調べで明らかになった。中でも18~29歳の若年層が最も深刻という。明報が伝えた。 中文大と新生精神回復会が昨年11月23日~12月1日に会社員1,008人を対象に、メンタルヘルスに関する調…

関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・薬品社会・事件雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

HSBCのペイミー利用者、100万人突破(12:43)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:220人以上の犠牲者を…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

童話・漫画軸に日本観光PR ブックフェア開幕、自治体が出展(07/19)

付加価値ある文具が人気、日系に追い風(07/19)

6月の訪日香港人2%増、今年初の20万人(07/19)

HKMA、銀行のAPI開放推進へ枠組み(07/19)

政府の金融学院、来年半ばにも開設へ(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン