労働時間2割短縮、所得減に懸念

【ソウル共同】韓国で7月1日から労働時間を週52時間に制限する新制度がスタートする。現在の68時間から2割以上短縮され「週休2日制の導入以来の大変化」(韓国メディア)となる。違反した企業は処罰対象に。余暇の増加など生活の質の向上につながるとの期待がある一方、所得減…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

韓国、ラオスへのインフラ支援拡大へ(11/19)

テイクオフ:テイクアウトのコーヒー…(11/19)

3Dで服のサンプルを製作 東大門、ファッション業界に変化(11/19)

韓国政府、インドネシアなどとFTA推進(11/19)

10月輸出額22.7%増、操業日数増加で(11/19)

上場企業7~9月営業益、半導体以外は低調(11/19)

現代自の罰金支払い、最高裁が差し止め(11/19)

大手30社の人件費、昨年比8.5%増加(11/19)

韓進の中核企業の第2位株主、現地ファンド(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン