労働時間2割短縮、所得減に懸念

【ソウル共同】韓国で7月1日から労働時間を週52時間に制限する新制度がスタートする。現在の68時間から2割以上短縮され「週休2日制の導入以来の大変化」(韓国メディア)となる。違反した企業は処罰対象に。余暇の増加など生活の質の向上につながるとの期待がある一方、所得減…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:花冷えが終わり、間もな…(03/27)

SK、組み電線市場に進出 エンプラ活用で7割軽量化(03/27)

自営業・車部品企業を支援、金融委(03/27)

韓国企業、タインコンに自動車電装部品供給(03/27)

2月ICT輸出19.0%減、全分野でマイナス(03/27)

現代自現法、労組と3年間の賃金協定を締結(03/27)

ファーズン造船、タンカーを韓国企業に納入(03/27)

韓国の現代自、タイでマイクロバス組立へ(03/27)

SK、データセンター向けSSD公開(03/27)

サムスン・LG、テレビの新モデル発売(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン