• 印刷する

EU、国軍少将ら7人を制裁対象に指定

欧州連合(EU)は25日、ミャンマー西部ラカイン州でイスラム教徒少数民族ロヒンギャに対する人権侵害を行ったとして、ミャンマー国軍の少将、中将ら、警察官合わせて7人を制裁対象に指定した。EU内の資産が凍結されるほか、加盟国への渡航が禁じられる。

EUは、制裁対象となった7人が、2016~17年にラカイン州に駐留し、ロヒンギャに対する殺害や性暴力、家屋の焼き討ちに関わったと判断した。

ミャンマー国軍はEUの発表後に声明を出し、制裁対象となった7人のうち、マウン・マウン・ソー少将を既に解雇したほか、アウン・チョー・ゾー中将は健康上の理由で辞職したと発表した。マウン・マウン・ソー少将の解雇は武装集団「アラカン・ロヒンギャ救世軍」(ARSA)の攻撃後の緊急時、治安計画の運営で不備があったためだとしている。

EUは、昨年10月には同州での軍事行動に関与したとされる軍高官の加盟国への招待を停止した。同年9月には、ミャンマーとの締結を目指していた投資保護協定(IPA)の交渉で最終合意に臨むはずだったEU側の派遣団が、ミャンマー訪問を無期限で延期している。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

干ばつ保険開発で農家支援 SOMPO、衛星データ活用(12/19)

日本人学校の新校舎が完成、生徒増に対応(12/19)

ミャンマー産有機農産物、シンガで本格販売(12/19)

農業振興に耕作地の拡大が必要=欧州商議所(12/19)

ヨマ銀、抽選賞金付き預金口座1万7千件に(12/19)

中国国境の橋が崩壊、主要国境貿易路が断絶(12/19)

政府、種子情報提供する専用サイト開設(12/19)

シットウェで監視カメラ設置、治安維持で(12/19)

国連、帰還支援で35件の取り組み=政府が許可(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン