• 印刷する

国営電力、ジャワ3発電所建設で丸紅と提携

インドネシアの国営電力PLNの子会社、プンバンキタン・ジャワ・バリ(PJB)は、東ジャワ州グレシクで建設するガス化複合サイクル発電所(PLTGU)「ジャワ第3発電所」の建設事業で、丸紅と提携する。26日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

PJBのイワン・アグン社長によると、発電所の出力は80万キロワット。PJBが株式の51%、丸紅が49%をそれぞれ取得することで合意している。PLNのイワン・サントソ取締役(調達担当)は「最終選考に残ったのは丸紅を含む日本企業2社と韓国企業1社。この中から丸紅に決定した」と話した。

丸紅広報部担当者はこの件について、「コメントを控えさせてほしい」と述べた。

燃料となる天然ガスはプルタミナ子会社のプルタミナEPチェプ(PEPC)が開発する、中ジャワと東ジャワ両州にまたがるチェプ鉱区のジャンバラン・ティウンビル・ガス田から調達する。PLNとプルタミナは1MMBTU(100万英国熱量単位)当たり7.6米ドル(約832円)のガス価格で、30年間の売買契約を結んでいる。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大統領選候補者が確定、23日から選挙運動(09/21)

流通たばこ、100箱のうち7.04箱が違法品(09/21)

製薬カルベ、健康食品数を7年後に4倍へ(09/21)

首都にごみリサイクル施設 大崎町、州政府と協力し事業化へ(09/21)

来年6月までコメ輸入停止を、食糧調達公社(09/21)

ハラル製品の生産体制強化、工程表策定で(09/21)

公共交通の運賃統合、ジャカルタ政府が検討(09/21)

首都空港鉄道、利用者数が伸び悩み(09/21)

AP2、4空港の投資誘致で政府機関と覚書(09/21)

【アジア三面記事】パパ、何をしているの(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン