チャンパサック県に中国SEZ、最終調整

ラオスのトンルン首相は、南部チャンパサック県コーンパペン経済特区(SEZ)の開発について、中国の広東イエロー・リバー・インダストリー・グループとの合意に向けて最終調整していると明らかにした。同SEZの事業総額は90億~100億米ドル(約9,850億~1兆1,000億円)。商業…

関連国・地域: 中国ラオスインドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

1~9月の国境輸出0.8%減 ゴム下落、通年でも低調の見通し(11/16)

通常国会、経済開発計画など協議(11/16)

政府、道路敷設のコスト高・低品質を批判(11/15)

百貨店パークソン、ビエンチャンで近く開業(11/14)

JWDが星と合弁、タイ・ラオスで事業展開(11/14)

電力公社とGE、発電所のデジタル化で覚書(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン