チャンパサック県に中国SEZ、最終調整

ラオスのトンルン首相は、南部チャンパサック県コーンパペン経済特区(SEZ)の開発について、中国の広東イエロー・リバー・インダストリー・グループとの合意に向けて最終調整していると明らかにした。同SEZの事業総額は90億~100億米ドル(約9,850億~1兆1,000億円)。商業…

関連国・地域: 中国ラオスインドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

日本政府、浄水場整備などに計10億円支援(03/22)

不発弾除去に450万米ドル不足、政府が報告(03/22)

世銀、栄養失調対策などに7200万米ドル支援(03/20)

首相がラオス議長と会談、8億円の支援伝達(03/20)

三井住友海上など、東南アでスマホ経由保険(03/20)

観光人材の育成、シンガNPOと提携(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン