燃料電池車の普及と産業活性化へ、官民協力

韓国政府は、2022年までに1万6,000台の燃料電池車の普及させることを目的に、総額2兆6,000億ウォン(約2,600億円)を投じて環境整備を進める方針だ。 産業通商資源省が25日、業界関係者との会議の結果を発表した。燃料電池車の主要部品・素材の研究開発費として1,250億ウォンを…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:美の基準が変わってきて…(07/19)

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

5G、通信3社が同時の船出 米国勢に次ぐ商用化へ(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

現代自の1~6月販売、8%減の1.6万台(07/19)

韓国ミニストップ、売却説を否定(07/19)

公取委がコンビニ各社調査か、加盟契約巡り(07/19)

韓国企業、越で地盤改良技術の特許登録(07/19)

新世界グループ、江南に免税店をオープン(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン