広州の車ナンバー競売価格、初の5万元台

広州市で25日に実施された6月分の自動車ナンバー競売で、個人向けの平均価格が初めて5万元台を突破し、過去最高を更新した。団体向けの平均価格も過去最高となった。26日付広州日報が伝えた。

個人向けナンバーの平均落札価格は前月比29.5%上昇の5万7,283元(約95万6,000円)だった。最低落札価格は25.9%上昇して5万2,000元となった。

団体向けナンバーの平均落札価格は7万7,611元、最低落札価格は6万2,800元だった。今回は個人・団体合わせて4,036件のナンバーが落札された。

■深センは1割下落

深セン商報によると、深セン市で同日実施された今年第6回目の自動車ナンバー競売で、個人向けナンバーの平均落札価は前月から11.3%下落して6万3,756元となった。最低落札価格は9.5%下落の5万2,500元だった。

団体向けの平均落札価格は6万8,130元、最低落札価格は3万5,000元となった。

今回用意されたナンバーは個人向けが2,976件、団体向けが404件の合わせて3,380件だった。


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】19日 7月月例経済報告ほか(07/19)

テイクオフ:切実に欲するのは、おい…(07/19)

【訃報】平岡治郎氏(元清水建設副社長)(07/19)

携帯の国内出荷17.8%減 上半期統計、下げ幅拡大(07/19)

求人で差別を禁止、人材紹介サービス条例(07/19)

地方の価格統制さらに縮小、対象を3割削減(07/19)

後方モニターが人気、カー用品使用度調査(07/19)

シエムレアプ新空港建設、月末に本格化(07/19)

北極圏ガスを輸送、商船三井の砕氷LNG船(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン