パナが民泊事業参入へ、訪日客に家電宣伝

【共同】パナソニックが、民泊事業に参入することが25日、分かった。住宅事業の一環で、2018年度に売上高50億円を目指す。民泊に関心のある土地所有者に施設建設や設計を売り込む。部屋には洗濯機やエアコン、トイレなど自社製品を設置し、訪日外国人らが実際に使う「ショールーム…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(18:28)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(17:40)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(18:28)

テイクオフ:「どこから来たんだい」…(09/20)

介護実習生派遣を正式通達 日本への送り出し、実現近づく(09/20)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

旬の日系ブランド多数出店 誠品の新店、“国際派”で勝負(09/20)

8月新規車両登録は25%減 現代自が前年同月比2倍超(09/20)

大麻成分入り飲料に関心、米コカ・コーラ(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン