パナが民泊事業参入へ、訪日客に家電宣伝

【共同】パナソニックが、民泊事業に参入することが25日、分かった。住宅事業の一環で、2018年度に売上高50億円を目指す。民泊に関心のある土地所有者に施設建設や設計を売り込む。部屋には洗濯機やエアコン、トイレなど自社製品を設置し、訪日外国人らが実際に使う「ショールーム…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

ラカインでの学校改修を拡大 日本、ロヒンギャ帰還後押し(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

パナ、テレビ12モデル投入 上位中間層取り込み売上高2割増(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

【この人に聞く】中小企業の国際物流を支援 アンダリン、日本企業とも提携(07/18)

FPG、海上コンテナリースの合弁事業解消(07/18)

JNTO、訪日報奨ツアー誘致セミナー開催(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

パティンバン港建設、JV5社が500億円受注(07/18)

社員の位置把握、キヤノンは問題なし=FWC(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン