NZ公務員の時限スト、業務量増大が要因

ニュージーランド(NZ)の内国歳入庁(IRD)とビジネス・イノベーション・雇用省(MBIE)に勤める公務員らが来月予定している時限ストライキは、政府が来月1日から導入する、新生児を持つ世帯向け補助金の手配がすべて手作業となるための業務量増大が要因であるもようだ…

関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 経済一般・統計社会・事件雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:あるシドニーの住宅街で…(07/23)

豪競争委、輸送企2社を提訴 QLD州の石炭貨物市場寡占で(07/23)

法人登記制度を改正、地下経済取締り強化で(07/23)

事業用地賃料、世界上位20市に豪から3市(07/23)

〔オセアニアン事件簿〕豪原子力関連施設、放射線漏れなどで調査(07/23)

ブルースコープ、太陽光発電の電力調達契約(07/23)

ウッドサイド、北西大陸棚へガス輸送で合意(07/23)

VIC水道料金、政策失敗で上昇予想=報告(07/23)

気温逆転で大気汚染悪化、健康被害増も(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン