• 印刷する

延期の和平会議、7月11日から首都で開催へ

ミャンマー政府は25日、少数民族武装勢力の全面和平実現を目指す3度目の会議を7月11日に首都ネピドーで開催すると決めた。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は半年に1度、同会議を実施する意向を示していたが、昨年5月に第2回が開かれて以降、複数回にわたり延期していた。

会議では、政治、経済、社会福祉、治安などについて話し合い、4~5日で閉幕する見通し。

政府は、シャン州のタアン民族解放軍(TNLA)、中国系コーカン族のミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA)、西部ラカイン州のアラカン軍(AA)の3武装勢力を除く、全ての少数武装勢力を招待する予定。前回までと同様、日本、中国の両政府、国連にオブザーバー参加を求める。これまでの会議には、潘基文国連事務総長や日本財団の笹川陽平会長などがオブザーバー参加した。

会議は、スー・チー氏の父親でミャンマー独立の英雄アウン・サン将軍が1947年に少数民族代表と会談した場所にちなみ、「21世紀パンロン会議」と名付けられている。国民民主連盟(NLD)政権となった2016年から、スー・チー氏が主導して、2回開かれた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロイター記者の上告審開始、ミャンマー最高裁(00:28)

日本からの中古車輸出が継続 18年、3割減もタイ経由で(03/27)

プラスチック事業など投資6件を認可(03/27)

FMI、運休航空会社の保有株を売却(03/27)

シーライオン、ヤンゴンに新物流センター(03/27)

車両の交換部品、輸入手続きを簡素化(03/27)

旧ビルマ省庁舎、サージパン氏の三男と提携(03/27)

カチン州政府、組織培養バナナ農園に恩典付与(03/27)

シャン州ワ自治管区で倉庫爆発、16人死亡(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン