吉本興業、ミャンマーに「住みます芸人」

吉本興業は25日、若手芸人を海外に住まわせて芸能活動を行わせる「住みますアジア芸人」事業を、ミャンマーでも始めると発表した。日本の官民ファンド「クールジャパン機構」(東京)などが出資して、ミャンマー現地メディア大手と設立した新会社「ドリーム・ビジョン」と提携し、番組への芸人派遣や企画に携わる。

最大都市ヤンゴンで25日に開かれた、ドリーム・ビジョンの開業式典で発表した。吉本興業は2015年に「住みますアジア芸人」を開始し、これまでに、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インドネシア、台湾で若手芸人が現地のテレビ番組に出演したり、コマーシャルに起用されたりと活躍している。

ドリーム・ビジョンの出資者はクールジャパン機構のほか、NHKの子会社である日本国際放送(JIB)、海外通信・放送・郵便事業支援機構(JICT)、財閥系の大手シュエ・タン・ルウィン・メディアなど。今後、シュエ・タン・ルウィン・メディアのチャンネル「MNTV」向けに独自番組を制作し、地上波で放映していく計画で、吉本興業は番組の企画や芸人の出演などで関わることになる。

ドリーム・ビジョンには、クールジャパン機構が1,600万米ドル(約17億円)、JICTが1,400万米ドルを出資。10月にも、ミャンマー人俳優の森崎ウィンさんによるバラエティーなど、独自番組の放映を本格的に開始する予定だ。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽マスコミ・出版・広告

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン市街地、建物の耐震調査を推進(07/20)

ミャンマー英雄を追悼、アウン・サン将軍の命日(07/20)

エアバガンとエーペックス航空が免許取消(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

不動産需要が増加、教育部門の外資開放で(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

私立学校の新キャンパス、投資委が認可(07/20)

豪上場のマレー企業、不動産サイトに出資(07/20)

中部の国有ホテル、民間企業の運営権を剥奪(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン