〔ハラル情報〕アリババ事業本格化、ハラル産業成長に貢献

マレーシアで外食チェーンを展開するQSRブランズは、中国電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)のマレーシア事業拡大により、ハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)産業がさらに活性化すると予想した。特に中小企業の販路拡大につながるとの見方だ。…

関連国・地域: 中国マレーシア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信食品・飲料商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、初めて民泊サービ…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

SST新税率、売上税は10% サービスは6%、来月閣議承認へ(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

JNTO、訪日報奨ツアー誘致セミナー開催(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

RM=27.7円、$=4.04RM(17日)(07/18)

サルコン、スリランカでポンプ場建設を受注(07/18)

エアアジア、エアバスと230億ドルの契約か(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン