「改革の象徴」、サウジ女性の車運転解禁

【リヤド共同】サウジアラビアで24日、女性の自動車運転が解禁された。イスラム教の厳格な解釈を背景に世界で唯一女性の運転を禁じていたが、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が推進する大規模な経済社会改革の一環として自由化に踏み切った。国民の多くが「改革の象徴」と歓迎す…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

ミニストップの現法買収、ロッテらが名乗り(12:22)

【書籍ランキング】11月1日~11月7日(11/19)

テイクオフ:北京―上海高速鉄道には…(11/19)

ATP「切」でも自動で減速 19年末に導入、台鉄が事故防止策(11/19)

千葉・三重知事が県産品をPR 農産物出荷拡大、かき輸出目指す(11/19)

ヤンゴン空港、500万人目は全日空機で到着(11/19)

【予定】19日 10月貿易統計ほか(11/19)

エコカーで攻める日系 広州MS、世界初公開車も(11/19)

APECで初、首脳宣言なし 米中対立による調整難航で(11/19)

西鉄がクラークに営業拠点、国内3カ所目(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン